エビデンス エビデンス

エビデンス

パワーブリーズを使用した呼吸筋トレーニングの効果は多くの研究により科学的に証明されています。根拠となる研究データをご覧ください。

※疾患に関する研究は医療向けサイトでご覧いただます。

13(1~5件を表示中)

  • 選手におけるパフォーマンス上の呼吸筋トレーニングの効果:系統的レビューとメタアナリシス

    HajGhanbari B1, Yamabayashi C, Buna TR, Coelho JD, Freedman KD, Morton TA, Palmer SA, Toy MA, Walsh C, Sheel AW and Reid WD

    本研究は呼吸筋トレニンーグ(RMT)は、運動パフォーマンス、呼吸筋力や持久力を向上させるかを判断するために体系的な見直しを行いました。
    結論:呼吸筋トレーニング(RMT)は、スポーツのパフォーマンスを向上させることができます。また、RMTの強度とスポーツ・競技を一致させることに、より多くの注意を払うべきです。
    PMID: 22836606 DOI: 10.1519/JSC.0b013e318269f73f

    論文へ
  • 吸気筋トレーニングローイングパフォーマンスが向上します

    Volianitis S1, McConnell AK, Koutedakis Y, McNaughton L, Backx K and Jones DA.

    この研究の目的は、ローイングに期間中の抵抗吸気筋トレーニング(IMT)の影響を調査することでした。
    結論:IMTは6分間競走試合や5000メートル試合のローイングパフォーマンスを改善しました。
    キーワード:呼吸筋トレニンーグ
    PMID: 11323552 DOI: 10.1097/00005768-200105000-00020

    論文へ
  • 特定の呼吸筋ウォームアップはバドミントンフットワークのパフォーマンスを強化します

    Lin H, Tong TK, Huang C, Nie J, Lu K and Quach B.

    吸息筋機能上および後続の増分バドミントン、フットワークのテストでカバーされた最大距離のウォームアップ呼吸筋を調べたの影響。
    結論:調査結果は、その後の最大の増分バドミントン・フットワーク試験で吸気筋特有のウォームアップの改善フットワーク性能ことを示唆しています。血中乳酸の蓄積の同時減少の寄与は比較的軽微であったのに対し、改善されたフットワークは、強化吸気筋関数から生じる減少息の感覚に部分的に起因するものでした。
    PMID: 18059581 DOI: 10.1139/H07-077

    論文へ

あなたは医療従事者ですか?